So-net無料ブログ作成

木のペンスタンド「Dan」 [shop]



003、モミ材のペンスタンド.jpg

 このペンスタンドを発注してくれた方の愛称にちなんで「Dan」と名付けたペンスタンドです。


001、木のペンスタンドDan.jpg

 中央で2枚の板を張り合わせ、その補強として両側に8本の千切り(ちぎり)を入れた単純明快な構造のデザイン。千切りの視覚のイメージが「段々」というのもDanと名付けた理由でもあります。

 今までは機械と材料の都合で高さが80ミリという制約を受けていましたが、加工機械を替えて、今回から高さ100ミリ内部の深さで90ミリに作る事が出来る様になりました。

 内部は機械加工の肌のまま、外はつるりと仕上げています。


002、ペンスタンド.jpg

 底板にはコルクを貼ってペン類の先にやさしくしてあります。(以前は仕切り棒を入れていましたが大きな効果がないようなので今回からやめました)





003、モミ材のペンスタンド.jpg
004、モミ材のペンスタンド.jpg

 ロシア産モミ材のペンスタンドーDan  ¥7,000  」
 お買い上げいただきました。

 選びに選んだ強い木目の逸品。千切りはウォールナット。



005、イタヤカエデのペンスタンド.jpg
006、イタヤカエデのペンスタンド.jpg

 「イタヤカエデのペンスタンドーDan  ¥7,000  」
 お買い上げいただきました。

 資源が減ってどんどん入手難になっているイタヤカエデ、キラッキラです。



007、タモ材のペンスタンド.jpg
008、タモ材のペンスタンド.jpg

 「タモ材のペンスタンドーDan  ¥7,000  」

 小節がいい景色になりました。






009、ナラ材のペンスタンド.jpg
010、ナラ材のペンスタンド.jpg

「ナラ板目のペンスタンドーDan  ¥7,000  」

 短い糸が散在するように見えているのが髄線の断面。ナラの板目が複雑に見えるのはこの髄線によるものと僕は思います。






011、ナラ柾のペンスタンド−1.jpg012、ナラ柾のペンスタンド−1.jpg

 「シルバーオーク柾目(1)のペンスタンドーDan  ¥7,000  」
 お買い上げいただきました。

 先の板目と同じ木かとさえ思うことでしょう。シルバーオークはヨーロッパのナラ。




013、ナラ柾のペンスタンド−2.jpg
014、ナラ柾のペンスタンド−2.jpg

 「シルバーオーク柾目(2)のペンスタンドーDan  ¥7,000  」
 お買い上げいただきました。




015、ウォールナットのペンスタンド−1.jpg
016、ウォールナットのペンスタンド−1.jpg

 「ウォールナット(1)のペンスタンドーDan  ¥7,000  」
 お買い上げいただきました。

 きめ細かな肌と独特の色艶。千切りはブラックチェリー。




017、ウォールナットのペンスタンド−2.jpg
018、ウォールナットのペンスタンド−2.jpg

 「ウォールナット(2)のペンスタンドーDan  ¥7,000  」
 お買い上げいただきました。





 ご注文は青文字のタイトルをお知らせ下さい。

 なお、僕の作るものは「商品」ではなく「作品」の意識で作っています。利益が大事なのではなく、木の魅力を精一杯引き出し、それによって癒され、力づけられることを願っています。どうか「商品」とは呼ばないようお願いいたします。

  アドレスは kunimoto-t@lime.plala.or.jp    

  運賃2個までならレターパック¥510で送れます。紙箱の要不要をお知らせ下さい。


  口座番号のメモを同封いたしますので、到着後にゆうちょへまたは地方銀行(北洋銀行)
のお振込でお願いいたします。
     

  JPエクスプレスの代引きも可能ですが、運賃はあくまで宅急便の料金です。

  少々忙しく、発送までに数日いただくことをご了承下さい。






共通テーマ:インテリア・雑貨