So-net無料ブログ作成
不思議の吊り棚 ブログトップ

不思議の吊り棚 [不思議の吊り棚]

 

001、ナラ突き板の吊り棚ー1.jpg

 「学長、なんですかこれ?壁に角材を3本付けて、棚ですか?え?これで10万超える!!!?」

 

「ぼったくりーーー!!!」
 
 
 

 芯持ち君、なんてこと言うの?人聞き悪すぎ!

 これでも納得できない?

002、ナラ突き板の吊り棚ー2.jpg

 「あらら!!!?か、か、角材じゃない!?」

 でしょう?

003、ナラ突き板の吊り棚ー3.jpg

 道央の国本美術館館長さんからの発注だよ。

017、国本美術館.jpg

 手前はkuniのダイニングセット、正面にTV棚、そしてロールカーテンの手前の壁にこの3段の吊り棚が付く予定。ダイニングテーブルの上にいつも新聞やティッシュがあって雑然としているのが嫌でずっと考えていたそうだよ。

 建築も内装もシンプルなんでね、一見、角材が壁にくっついているような素っ気ない素振りで実は実は中身が濃い~ってな感じにしたのさ。仕様はTV棚と同じナラの板目。

 

004、壁付けのマガジンラック.jpg

 マガジンラックは館長さんの希望でホコリがたまらないように丸棒で受けているのね。この丸棒もナラ材から自分で削り出したもの。これだけでもけっこう時間がかかる。

 

005、壁付けのミニ収納ー1.jpg

 中段はティッシュが乗る奥行で、パカっと開くと、

006、壁付けのミニ収納ー2.jpg

 小物入れ。

 

007、壁付けのミニ収納ー3.jpg

 一番上の断面はわずか8センチ角。これもパカっと開く!

008、壁付けのミニ収納ー4.jpg

 「なんですかこれ!!!?」

 厚み4センチ奥行5センチで長さ12センチの角材に彫り込みがあって、ちっっちゃーい物を飾る。

 「例えば?」

 お豆とか?

 「は!?」

009、ナラ無垢材のミニ飾り箱ー1.jpg

 彫り込みが2種類あるのは表裏なんだよ。このブロックはヨーロッパのシルバーオークの極上本柾材でねぇ。髄線がキラキラしてるでしょう?

 「あ?両面に違う彫り込みがあるってことですか?」

 そうそう。

 「は?こんな3センチの半球の彫り込みに何を飾るって言うんですか?」

 んー、お米?

 「は?」

 いいんじゃない、例えばコシヒカリにあきたこまちにおぼろずき、とか?

 「あw~」

010、ナラ無垢材のミニ飾り箱ー2.jpg

 そんなことよりさ、見てよこれ、髄線のパターンがひとつひとつ違うだろう?

 「ええ、まぁ、、、」

 ほら、こっちの面もさぁ!

011、ナラ無垢材のミニ飾り箱ー3.jpg

 綺麗だろう?

 「ええ、まぁ、、、」

 どうしてこういう風に微妙な違いが出るのかというと、

012、ナラ無垢材のミニ飾り箱ー4.jpg

 これなんかは木目がわずかに傾いているでしょう?だから彫り込んだところに出る髄線のパターンも斜めに出て来る。

013、ナラ無垢材のミニ飾り箱ー5.jpg

 

 で、今度はまっすぐな木目、

014、ナラ無垢材のミニ飾り箱ー6.jpg

 これを彫り込むと、

015、ナラ無垢材のミニ飾り箱ー7.jpg

 ほら髄線のパターンも平行だろう?

 「コアですねぇ、、、」

 深いって言いたまえ!

 「は、、、はい」

001、ナラ突き板の吊り棚ー1.jpg

 どう?これでもぼったくり?

 「あ、、、、、」

 芯持ち君、今日は撃沈だねぇ。

 「う、、、」

 

 

 

 シルバーオークのディスプレイブロックは3個余計に製作したので販売の記事にアップします。

 完売いたしました。

 


nice!(26)  コメント(6) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
不思議の吊り棚 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。